1. >
  2. >
  3. わかりやすい介護記録の書き方

わかりやすい介護記録の書き方


介護記録の書き方について

介護施設の現場で仕事をする時には必ず「介護記録」を作成します。
この介護記録は、介護をした担当者がその日にあったことや気がついたことについて記録をしていくためにつけるもので、シフトで別の人と交代をするときの申し送りに大変役立ちます。

記録をする内容としては、「介護日誌」や「介護経過記録」「インシデント報告」「事故報告」「家族との連携」といったようなことです。

まず「介護日誌」では、その日に何をどのようにしたかということをまとめて記載していきます。

次の「介護経過記録」は日誌の内容と平行して記載するもので、それらをしたときにどうであったかというようなことを記載するものです。

「インシデント」というのはいわゆる「ヒヤリ・ハット事例」のことで、重大なミスというわけではないまでも、事故が起こる可能性があったことについて気がついたことを記載します。

「事故報告」はインシデントにとどまらず実際に起こってしまった事故についての記録です。

最期の「家族との連携」では、介護を担当したスタッフの個人的な感想や気づいたことなどを、家族に伝える目的で記載していきます。

介護を受けている人の家族が面談をした時などは、この介護記録を共有して読めるようにしておくことで、現在の様態を細かく伝えることができます。
介護記録の書き方については介護初任者研修や介護福祉士の実地研修で行うのでわかりやすいと思いますが、在宅で介護を行う人にとってもおすすめです。

介護記録を残すメリット

介護記録をするためのノートは、市販品としていくつかのメーカーから販売されています。
もちろん普通の大学ノートを使用しても問題はありませんので、在宅で家族が介護をしているという場合も、ぜひともノートに記録をしていくことをおすすめしたいです。

介護記録をブログとして毎日公開している人もおり、日々の介護生活がどのようなものであるかを残していくということには非常に意味があります。

介護記録を残すことに最大のメリットは、毎日の介護での気付きをしやすくなることです。
最初のうちは何をどう書いてよいかわからないということもありますので、まずは「介護日記」という気持ちで、その日にあったことを一行だけでも記録してみてください。

他に家族がいて協力して介護をしているという場合には、交換日記のような気分で介護記録を残していくことで、連帯感が生まれ相談もしやすくなります。

高齢者の様態の変化はある日突然に起こるものではなく、少しずつその前兆が積み重なって起こるものが大半です。
そこで介護記録として残しておくことにより、どんな変化があって病気などの症状が起こるかということをあとから確認することができます。