1. >
  2. >
  3. 服薬トラブルを未然に防ぐ

服薬トラブルを未然に防ぐ


服薬トラブルのケース

高齢者の多くは慢性的な疾患を抱えていることから、毎日毎食ごとに服用する薬があります。
そうした薬は、病院を受診したときに医師から発行される処方箋を持って薬局に行くことで処方を受けることができるようになっています。

毎日薬を服用していくことで、病状が悪化することを予防したり日常生活を送りやすくすることができるのですが、飲み方や管理方法によっては思わぬトラブルが発生してしまうこともあるようです。
まず薬の処方を受ける場合には、医師や薬剤師からの問診に正直に答え、決められた通りの服用方法を守るようにしましょう。

高齢者に発生する薬のトラブルとして最も多いのが副作用です。
副作用というのは特定の薬品を服用したときに、本来の目的以外に現れる症状のことを言います。

わかりやすいところでは、風邪薬を飲むと眠くなったりするというようなものがあります。
特に高齢者の慢性疾患に対応するために処方される薬品に関しては、非常に危険な副作用として発生することもあるので注意が必要です。

高齢者に副作用が多いのは、まず加齢によって体内の循環環境が低下してしまい、薬の内容成分が長く体内に留まってしまうことが関係しているからです。
さらに高齢になると体内の水分量が若い世代よりも少なくなることから、薬を飲んだ時の血中の薬品濃度が高くなってしまうということもあります。

本来であれば少ない副作用のはずの薬品も、高齢者が飲んだ時には作用が大きくなってしまうことがあるのです。
もし毎回服用している薬品で何らかの不調症状が起こってしまったら、早めに相談をするとともに無理に服用を続けることは避けてください。

処方箋の取扱い方

高血圧や糖尿病などは劇的に症状が改善することはありませんので、一旦発症をしたらかなり長期に渡り薬を飲んでいくことになります。
間違いなく服用をしていくためには、まずは処方箋を受け取ったらそれをきちんと保管し、定期的に薬局に持ち込むようにしていきましょう。

処方箋を速やかに薬局に提示するために多くの人が利用しているのが「お薬手帳」で、これを持っていくことで全国の薬局で同じ薬品を購入することができるようになります。
お薬手帳があると若干料金が割引になることもありますので、慢性的に使用している薬品がある人はもとより、よく病院にかかる高齢者は早めにお薬手帳を作ることをおすすめします。

なお近年では自然災害時の薬の処方が問題になっています。
お薬手帳は預金通帳や貴重品類と同じく緊急時に一緒に持ち出すことができるようにしておきましょう。

認知症などで自分で管理が難しい場合は家族やヘルパーさんにお願いして、すぐにどんな薬を普段飲んでいるかわかるようにしてください。