Site Loader
ノートとテーブル

ケアマネジャーの役割

ケアマネジャーは幅広い資質が求められる重要な役職です。

主な仕事はこれから介護を受けようと考えている本人やその家族に対して、現在どういった介護サービスを受けることができるかを説明し、そこから介護プランを作成したり実際の申込みをするための手続きを代行したりします。

就職をする時には地域の介護事業所もしくは市区町村の福祉窓口に勤務をして、そこを訪れる人達に対して相談をしていきます。
場合によっては介護施設や医療機関などに直接足を運び、そこで相談や連携のためのお願いをしていくこともあるでしょう。

ケアマネジャーとして仕事をしていくためには、介護の基礎知識とともに介護に関連する制度や法律、さらに地域ごとの介護・医療施設についての知識が必要になってきます。
これから介護を受けようとしている人は将来について不安を感じていますので、まずは話をよく聞き、そこから最も適した介護の提案をしていかなければいけません。

まずは介護の仕事として現場に就職をしてから、そのキャリアアップとしてケアマネジャーを目指すというルートを取ることもできます。
就業環境としては現場と異なり事務作業が中心となりますが、介護業界は全体的に人手不足となっており、それはケアマネジャーでも変わりません。

多忙な実態と悩み

ケアマネジャーという仕事は社会的な意義も高く、またやりがいの大きな重要な仕事です。
介護の現場の仕事と比較して給与面など待遇に恵まれていることも多く、専門職であることから転職やキャリアアップをしていくこともできます。

しかしその一方で仕事量が非常に多く、多忙すぎて思うように仕事をすることができないという悩みもあるようです。
調査によるとケアマネジャーとして勤務をする人の残業時間は大変多く、休日などにも出勤をしている人が多く見られます。

ケアマネジャーになりたいと考えていた人の多くは「もっとよい介護を提供したい」「介護に悩む人の相談を受けたい」と考えているのですが、あまりにも多忙すぎるために十分に一人ひとりの話を聞くことができないという悩みが出てきます。

それともう一つ、ケアマネジャーとしての仕事で大きな悩みになってくるのが利用者との不和です。

ケアマネジャーは基本的に一人一担当として、将来的に異なる介護サービスが必要になった場合もその対応が任されます。
このときに利用者やその家族とどうしても話し合いがうまくいかないということもあり、必要なサービスを提供できなくなることもあるのです。

意外にも、実際にケアマネジャーとして勤務をしている人のうち、この相談が非常に大変であるという感想を持つ人もいます。
利用者にとっても「よいケアマネジャーがついてくれるか」により、受けられる介護サービスの質も異なってきます。