Site Loader
本棚と掛け軸

現在終活を行う方が増えてきています。自分が亡くなる前に身の回りを整理しておきたいと考える方もたくさんいらっしゃることでしょう。今回は、終活で行う「生前整理」「葬儀内容」の2つを中心に調べてみました。

生前整理について知る

生前整理とは

快適な老後を送るために、不要な物を減らして自身の財産を整理することです。
以前までは、亡くなってから故人の遺品を整理することが多い状況でした。しかし、遺産整理で子どもや孫にかけたくない方が増え、生前に身の回りの物を整理する方も増加傾向にあります。
また、不要な物を整理する断捨離や、必要最小限の物だけで生活をするミニマリストの存在も浸透してきたことで、30代・40代の世代から生前整理を行う方も多くなってきています。

生前整理を行うメリット

遺族の負担が軽減される

所持品の価値は持ち主しか分からないものです。もし生前整理をせずに旅立ってしまうと、残された遺族は遺品整理のために膨大な時間と手間を費やします。

大切な人を亡くした状況で遺品を整理するため、精神的にも大きな負担が強いられます。一つひとつの物に対し「これは本当に処分して良いものか」「大切に取っておくべきでは」と考えながら、整理をしなければなりません。自分が元気のうちに不要な物を処分することは、単に部屋が片付くだけでなく、遺族をこのような苦痛・負担を減らすことにもつながるのです。

もし、値打ちのある装飾品や絵画を持っている場合は、遺産トラブルの引き金になる可能性があります。もめごとにならないよう相続人を事前に決めるか、もしくは生前のうちに処分・売却をしましょう。

自分の気持ちを整理できる

人間はいつ最期を迎えるか分かりません。所持品をきちんと整理しないまま旅立ってしまうと、形見として大切にしまっていた物を処分される可能性があります。
また、家族には見られたくない物や人に知られたくないことが発覚するケースも大いに考えられるでしょう。

生前整理は、大切な人に感謝の形を物で示すだけでなく、自身の気持ちや感情を最期まで守り通せる方法でもあります。
生前整理を行う際は、常に「自分の理想的な最期」を考えながら行うため、今生きるうえで必要な物は何か考えるきっかけにもつながります。

生前整理を上手く行うコツ

まず、所持品を「いる物」と「いらない物」に分類しましょう。今は使わない物・いつか使う可能性がある物は「いらない物」として考えてください。
手帳や写真といった品物は思い出がたくさん詰まっているので処分に困るものです。そのまま手元に置いておくのもアリですが、写真に撮ったうえでデータとして記録し、処分する方法もあります。
自身は使用しない物でも、家族が使いたいと思う品もあるでしょう。生前整理を行う際は、一人ですべて行うのではなく、家族と整理するのも一つの手です。

いらない物を選定したら、「不用品」と「不要品」の2種類に分類してください。シミやほつれが目立つ洋服や使い古した靴など、物として価値がないものは不用品にあたります。
一方、今後自分は使わなくても第3者からみて価値があるものは不要品に該当します。不用品は自治体の決まりに従って処分をしてください。不要品はフリマアプリやリサイクルショップ、買取業者に依頼をして買い取ってもらう方法があります。

生前整理を行う際の注意点

生前整理を行ううえで大切なのは、すべての所持品をこまめに整理することです。一つひとつの物と向き合うので短時間では終わりません。普段使っていない物だから・早く終わらせたいからという理由で、所持品を一度に処分すると後悔するかもしれません。

特に、書類整理は一枚ずつ情報を確認するので時間と手間がかかります。見返すことなく一度に処分すると、重要な書類も一緒に破棄してしまう可能性も考えられるでしょう。
状況によっては生前整理そのものが負担に感じる場合もあります。今日はこの引き出しだけ整理する・いらない物の分類は数日にかけて行うなど、負担がかからないようじっくり時間をかけることが大切です。

葬儀の種類について知る

一般葬

故人と生前に付き合いの合った人たちがお別れを伝えられる形式です。家族や親せきをはじめ、友人や会社関連、近所の方も参列できます。付き合いが多かった方や、社会的な人間関係を重視している方に適している葬儀方法です。参列者の人数が100名を超える式になる場合もあるため、参列者に見合った会場を用意しましょう。

一般葬では「通夜」を行います。時間は1~2時間程度で、遺族と参列者が故人を偲みながら食事をします。葬儀や告別式に参列できない人が多く訪れる可能性も念頭に置いてください。

通夜の翌日に行われる「葬儀式」は、宗派によって形式やしきたりが異なります。ほとんどの場合が仏教式ではありますが、中にはキリスト式・神道・イスラムなど、宗教別で葬儀スタイルが変わります。葬儀社には、宗派の形式等を事前に伝えてください。「葬儀式」の後は、遺族と参列者が故人とのお別れをする「告別式」を行います。

家族葬

家族や親せきをはじめ、親しい友人・知人だけで行う葬儀です。家族葬の特徴は、限られた遺族が故人と最期のお別れの時間を長くとれることです。
故人と親しい間柄の人たちとお見送りができるため、故人との思い出話をしながら気兼ねない時間を過ごせます。故人が生前に希望した内容を葬儀で形にでき、出棺前の時間を家族だけでゆっくりと過ごせるため、故人や遺族の希望を尊重した葬儀とも言えます。

家族葬を行う際の注意点は、お知らせをする範囲を限定し過ぎないことです。範囲を狭めてしまうと、家族葬を終えた後に自宅を訪問される弔問者が多くなるからです。
葬儀の規模を小さくしたいという理由で家族葬を選択しても、状況によっては対応に困るケースも考えられます。
また、「葬儀に参列したかった」「顔を見てお別れがしたかった」と、いろいろな想いをあびせられるかもしれません。身内はもちろん、故人がお付き合いをしていた方たちも踏まえたうえで、お知らせをする範囲を設定してください。

一日葬

通夜がなく、葬儀や告別式、火葬を一日で執り行います。喪主が高齢で体力の負担が大きい・遺族が仕事で忙しい・参列者のスケジュールの都合が合わないといった場合に選ばれる形式です。通夜がないため、葬儀の時間が短時間で済み、遺族の負担を軽減できます。通夜振る舞い(食事会)がないため、飲食費用を削減することも利点の一つです。

ただし、一日ですべてのプログラムを行うため、仕事の都合によっては故人と最後のお別れができない場合もあります。お別れできる時間も限られているので、一日葬にする場合は、家族や親族同士で慎重に話し合うことが必要です。

火葬式

通夜や葬儀・告別式を執り行わず、火葬場の火葬炉の前などに遺族が集まり、最後のお別れをお伝えする形式です。「直葬(ちょくそう)」や「荼毘式(だびしき)」とも呼ばれています。
家族や親戚が少なく、知人の参列がない場合や、引き取り手のいない方を荼毘に付す(火葬する)際に執り行われることが多い方法です。
一般的な葬儀に比べて式の時間が短く、参列者の負担を最小限で抑えられます。式場の予約や葬儀の準備をする必要もありません。

時間や費用は抑えられる反面、火葬炉の前で5分から10分の短いお別れとなります。そのため、葬儀が終わってから後悔する方も少なくありません。
また、菩提寺にあるお墓に納骨できない可能性があります。ほとんどの菩提寺は、読経を行わない葬儀を認めていないからです。菩提寺の許可なしに火葬式を行うと、納骨を断られるケースもあるのでその点も踏まえたうえで執り行いましょう。

お別れ会

お別れ会とは、家族・親族だけで、密葬の形で葬儀・火葬を行い、その後、故人に縁のある方が集まって故人とのお別れをする会のことです。
葬儀とは違い、準備に時間のゆとりがあるため、「故人を偲ぶ」ことを重視し、より「その人らしい」お別れができることが特長の一つです。献花などで故人とのお別れをすることが多いですが、故人が生前好きだった音楽や趣味をモチーフにした空間を創りだすなど、決められた形式はなく自由なスタイルで行うことができます。

お別れの会を行いたいと思っても、何から始めていいのかわからない場合が多いです。
そんな時は、社葬はもちろんお別れの会のサポートをしっかりと行ってくれる葬儀社に企画をプロデュースしてもらうのが一番安心ですね。

生前のうちにやれるべきことを

人はいつあの世に旅立つか分かりません。後悔しない人生をまっとうするためにも、そして遺された方たちの負担を最小限に抑えられるよう、身の回りのことを整理し、必要な知識を身に着けておくことが大切です。