Site Loader
自然

終活の最終的なゴールとは

「終活」という言葉は今ではすっかり世間的に知られるようになりました。
大きな書店や図書館に行けば「終活」をテーマにした書籍が棚いっぱいに並んでいる様子を見ることができますし、終活セミナーといった説明会も全国で頻繁に開催されています。

しかし「就活」や「婚活」といった活動が、積極的に情報を収集して行動することにより、自分自身にとって最善なマッチングを得られるようにする活動であるのに対し、「終活」のゴールはみな同じところにあります。

また「就活」や「婚活」は自分自身が全く行動を起こさなければ結果は巡ってくることはありませんが、「終活」においては本人が望むと望まざるとに関わらず必ず時間が来ればゴールは訪れます。

そうした意味で他の「活」と「終活」は全く似て非なるものであると言えるでしょう。

「終活」における最終的なゴールとはもちろん生き物すべてに訪れる「死」です。
人の生死は自分自身でコントロールをすることはできませんので、今この瞬間健康で生気あふれる人であったとしても明日どうなっているかは誰にもわかりません。

しかし人生の終盤に差し掛かった高齢期では、若い時期と異なりいつか来る「死」はより身近な存在となります。

自分が死んだあとには、それまで持っていた財産や不動産は家族が相続することになります。
所有していた私物も処分をしなくてはいけませんし、中にはなんからの形でけじめをつけるべきものもあるでしょう。

終活が世間的に認知されるようになったのは、高齢者人口が増加してきたということの他、自分の死について前向きになるための方法が求められるようになってきたことが大きな理由です。

「死」をネガティブなものと捉え、目をそらしながらただ毎日を過ごすのではなく、あえて前向きに見つめることで残った「生」をよりよいものにしていくことができるのです。

具体的な終活の方法

「終活」の方法は一つではなく、たくさんの項目が含まれてきます。
ですのでこれから終活を考えているなら、まずそもそも終活に必要な情報とは何かということを知っておく必要があります。

終活に関する情報をまとめて紹介しているサイトを見ることで、終活に興味はあるけれども何から手を付けてよいのかわからないとう人にとっては、まず最初に終活とはどういうものかということを知る手がかりになります。

あまり硬く考えるのではなく、まずは自分の興味のある分野の記事から目を通していくのがおすすめです。
理想の「死」について考えることでするべきことが少しずつ見えてくるはずです。