Site Loader
ノートと消しゴムとぺン

エンディングノートの作成の手順

エンディングノートとは終活をする上で欠かせないツールとなっています。
終活をテーマにした書籍やセミナーなどでは最初に行うこととして、エンディングノートの購入や作成を勧めることが多くあります。

そもそもとして「エンディングノート」とはなんぞやということから説明をしますと、これは遺言書とは異なる遺族への申し送り書として残すための書面のことです。

遺言書は民法によって厳しく要件が定められていますが、法的な効力は関係ないエンディングノートでは形式にこだわる必要は全くありません。

作成の方法ですが、最も簡単なのは普通の大学ノートなどを購入してきてそこに遺族に書き残しておきたいことを羅列していくという方法です。

しかし「エンディングノート」に記載する内容はこうでなくてはいけないという決まりはなく、財産分与の方法や持ち物の処分方法、葬儀の希望など法律に関係ない申し送り事項までもが全て含まれてきます。

そのため思いつくままに書き散らかしてしまっては、あとから遺族が参照にするときに苦労をしてしまいます。
ですのでより確実に自分の意思を伝えるためには、市販のエンディングノートを購入し各項目ごとに必要な情報をまとめていくようにしましょう。

なぜエンディングノートが必要なのか

自分が亡くなった後の処置については、財産分与や負債の返済といったようなことが最も重要な事項となります。

しかし法律に関すること以外にも、例えば「自分が死んだことを伝えてほしい人」や、「亡くなったあとに渡してもらいたい品物」「お礼を言いたい人」などといったような心残りもあることでしょう。

エンディングノートでは財産に関すること以外にも自分が遺族にやってもらいたいことを申し送ることができるとうことに大きな意味があります。

重要な財産分与についても、「預貯金通帳の保管場所」や「生命保険などの証書」「不動産・有価証券」など後から家探しをして見つけなければいけないことについても、あらかじめ一箇所にまとめておけば手間をかけずに速やかに整理にかかることができます。

エンディングノートはこれから死を迎える自分自身の気持ちや身辺を整理するためのものであると同時に、残される遺族たちの事務的負担を減らすという役割があります。

エンディングノートがあるなしに関わらず人の死は訪れるものではありますが、その時の備えとして用意しておくべきものと言えます。

ただしせっかく作成をしてエンディングノートも、死後速やかに発見されなければ意味がありません。
自分の死後の処理については普段より家族と話し合いをし、その記録をしておくという意味でエンディングノートを作成しておくというのが良い方法です。