Site Loader
用紙とペン

受けることができる訪問介護サービスの種類

介護の現場において非常にニーズの高い訪問介護サービスですが、実際に受けるためにはまずどのような内容のものがあるかを知っておきましょう。

現在提供されている介護サービスとしては「在宅型」と「入所型」に分けられます。
入所型が特定の施設に入ることでそこに常駐してるスタッフからサービスを受けることができるのに対し、在宅型では自宅で生活を継続しながら必要なサービスを行ってもらうことができます。

在宅型にも大きく2つの種類があり「訪問型」と「通所型」があります。
訪問型は自宅にスタッフが来て必要なサービスを受けるのに対し、通所型では施設に通ってそこで必要なケアを受けます。

訪問型サービスで受けられる項目としては、「ホームヘルプ」「訪問入浴介護」「訪問看護」「訪問リハビリテーション」「居宅療養管理指導」「福祉用具のレンタル」「特定福祉用具販売」「住宅改修費の補助」といったことがあります。

なおこれらの訪問介護を受けることができるのは、事前に介護認定受ける必要があります。
認定は要支援と要介護がありますが、介護保険を利用することができるのは要介護1~5までの認定者となっており40~64歳までの人の場合は16種類の特定疾病が原因による場合とされています。

要支援1~2の人は介護予防訪問介護として地域支援事業によってサービスを受けることとなっています。

地域包括支援センターに相談しましょう

介護保険制度を利用するサービスについては、かなり複雑な制度となっているので実際に利用をするためには専門のケアマネージャーさんを通すこととなっています。

ケアマネージャーとは、地域の役所の福祉窓口もしくは委託を受けた民間の福祉施設に勤務する専門知識を持った人材で、まず介護を受けようとする本人および家族からヒアリングを受け、そこから「ケアプラン」という必要な介護内容を提案していきます。

この最初の窓口となるのはまずそれぞれの地域にある「地域包括支援センター」があります。
地域包括支援センターは高齢者への総合的な生活支援の窓口になる地域機関であり、地域によっては「高齢者相談センター」という名称をしていることもあります。

インターネットや電話帳などでそれらの連絡先は掲載されているはずですが、最寄りの市区町村役場の福祉窓口に問い合わせると相談方法をアドバイスしてもらえます。

要介護認定を既に受けている人の場合、直接ケアマネージャーのいる「居宅介護支援事業所」に問い合わせる方法もあります。

こちらは最初から必要な介護がわかっている介護度の高い人に対してのケアを専門に扱っているので、最初から必要なことに絞り込んだ相談をしていくことができます。