Site Loader
広い運動場

通所介護・ショートステイ・在宅介護を使い分けられる

「小規模多機能型居宅介護」とは、複数の介護に関するサービスを状況に応じて自由に使い分けすることができる便利な方法です。

具体的には、在宅介護における「訪問看護」や適時利用することができる「通所介護」や「ショートステイ」をそのときの事情に応じて使わけすることができるというものです。

最大の特徴はこの3つのサービスを同じ介護スタッフから受けることができるという点です。
手厚い介護を受けられる「小規模多機能型居宅介護」では、一般の介護施設と比較して入所できる人数は限られてきます。

一般的な小規模多機能型居宅介護では利用定員が厳しく定められており、1事業所あたり25人以下の登録制となっています。

1日あたりで利用をすることがでる通所サービス(デイサービス)は15人以下までとなっており、宿泊を伴う場合は9人以下でなくてはいけません。

こうした厳しい条件をクリアして行われる施設であることから、全国的には数多く存在しているわけではありません。
小規模多機能型居宅介護はそれぞれの地域で密着型のサービスとして提供されていることが多く、他の地域に住所のある人では利用をすることができない場合もあります。

逆に管轄の自治体では施設自体がないということもありますので、利用をする前には地域包括支援センターなどでケアマネージャーに尋ねてみて状況に応じて申し込みをするのがよいでしょう。

細かくケアプランを作らなくてよいのがメリット

現行の介護保険制度では、介護保険を適用するために専用の申請をしなくてはいけないこととなっています。
しかしこうした申請は非常に複雑であるため、実際に利用するときには地域包括支援センターもしくは民間の介護業者に所属しているケアマネージャーを通じてケアプランを作成してもらいます。

ですがこうしたケアプランを作成してもらうためにいちいちケアマネージャーさんを通すのは非常に面倒で、急に状況が変わったという時などには不都合を感じることもあります。

そこで「通所介護」「在宅介護」「ショートステイ」の三種類を一元的に利用することができる小規模多機能型居宅介護は非常に介護者にとって便利な施設となってます。

またどのサービスを利用したかに関わらず1ヵ月あたりの費用が手額となっているので、普段と違ったサービスを利用するたびに料金を気にする必要がありません。

あえてデメリットを挙げれば訪問入浴介護などの特定の介護サービスを受けることができないということがありますが、それらを差し置いても小規模多機能型居宅介護を利用するメリットはかなり大きいと言えるでしょう。

利用は要支援1以上からとなっていますので、体が元気なうちに引っ越しをしてしまうという方法もとれます。