1. >
  2. >
  3. 「サービス提供責任者(サ責)」とは

「サービス提供責任者(サ責)」とは


「サ責」の役割、やりがい、なるにはを紹介

介護業界で働く人材確保のために、現在では業務内容を細分化してそれぞれ担当を分けるという方法が取られています。
その流れの中で近年登場してきたのが「サービス提供責任者(サ責)」です。

「サ責」とは訪問介護を行う事業所に主に勤務をして、実際にそれぞれの自宅を訪問して介護を行う訪問介護職員や、ホームヘルパーに対して指導を行う立場にあります。

訪問介護を行う場合にはまずはこれから介護を受けようと考えている人とその家族と対面し、相談内容に従ってどのように介護をしていくかの計画を立てていくことになります。
そこで「サービス提供責任者」は訪問介護を行う事業者に配置義務が設置されており、利用者の数が一定数以上の事業所において最低1人は置かれることになっているのです。

なおサービス提供責任者については、2019年度より任用要件が大きく変更になるということが決定しています。
新たな任用要件として除外されることになるのは介護職員初任者研修者です。

これまでは介護職員初任者研修を受けた人であればサ責として配置をされることになっていたのですが、それは将来的に介護福祉士などの上位資格を取得することを前提にしたものでした。
しかし今後は介護職員初任者研修だけではサ責となることはできないこととなりましたので、配置がない事業者に対しては介護報酬が減額されることになります。

もし今後サ責として訪問介護事業所で勤務をしようとするならば、介護福祉士の資格を取得するか、もしくは上位資格となる実務者研修を受けなくてはならなくなります。

サ責の具体的な業務内容

サ責として勤務をするときのメインとなる業務は「訪問介護計画の作成」です。
訪問介護サービスを提供する前にはまずはケアマネジャーがケアプランを作成していきますが、サ責はそのケアプランをもとにして、訪問介護サービスをどのように実施していくかの計画を立てていきます。

訪問介護で難しいのは、それぞれの家庭環境により適したサービスが異なるということです。
プライベートな空間に入ってそこで介護活動を行うということもあり、まずはサービスを提供する家庭と信頼感を築き、そこから必要な環境を整えていくことになります。

サ責はまず訪問介護を行うためにそれぞれの家庭環境を確認し、そこから訪問介護を行うスタッフの指導をしていきます。
これから実際に訪問介護にあたるスタッフに対しての指導を行う事も、サ責の重要な役割です。

今後は就任するために難易度の高い資格が必要になりますが、本当の意味でサ責としての実力が試されるのは、実際に現場に出てからです。
訪問介護は介護サービスの中心になってきていますので、今後はますます社会的な重要度が高まることでしょう。