Site Loader
ノートとメガネ

介護の現場で取得が勧められる資格とは

人材不足が伝えられている介護の現場では、就業のために特に資格の取得を前提としていません。
医療業界においては医師を中心に看護師や薬剤師、検査技師などいずれも難しい実習期間と国家試験を経てからでないと就業することができないようになっているのに対し、介護業界は誰でもいつでも参入できるようになっているのです。

とはいえ人を相手にする介護の現場においては基本的な知識や技術は必要であり、ほとんどの介護施設では未経験で就業する人に対して研修を行っています。

介護の現場において多くの人が最初に取得する資格は「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」です。
こちらはもともとは、個人が介護を必要な人の家庭を訪れ生活の手伝いをするための民間資格として位置づけられてきたものでした。

しかし平成24年より介護保険法が大幅に改善されたことで、入所型の介護よりもむしろ在宅型の訪問介護を中心に行うよう方針転換され、この「介護職員初任者研修」が登場しました。

「介護職員初任者研修」はそれがなければ就業できないというわけではないのですが、数時間の研修で比較的簡単に取得をできることから、将来的に介護職に就こうという人にとっては登竜門的な扱いとなっています。

介護士としてのキャリアアップと資格

介護の現場においては基本的には資格は不要となってはいるものの、将来的にキャリアアップを考えてるならば資格取得は避けて通れない道です。

介護の現場において最も効力のある資格が国家資格である「介護福祉士」ですが、こちらは単に筆記試験に合格さえすればよいというものではなく、事前に実務経験期間が求められています。

最初から介護福祉士資格を取得することを目標にしている人などは福祉系の大学や専門学校に進学し、そこで国家試験の受験要件の大半を満たすこともできるのですが、途中から介護業界に入る人は地道に実務経験を積む他受験要件を満たす方法がありません。

介護の現場においては平均給与の低さがしばしば問題になっていますが、国家資格である介護福祉士を取得することにより大幅に就業条件を向上することができます。

介護福祉士と合わせて取得をしたい資格として、民間の「ケアマネージャー」があります。
「ケアマネージャー」は、各自治体の福祉課に勤務をしたり、地域包括支援センターで介護や福祉の相談を受ける仕事をするために必要になる資格で、現行の介護福祉制度の他それぞれの地域の介護の実態を把握する必要があります。

基本的な考え方としては、介護の仕事というのは体力も必要ですしそうそう長く現場にはいられません。
ですので早い段階から介護福祉のマネジメント業務を学び、そこからキャリアアップを目指すというのが理想的なルートとなります。