1. >
  2. >
  3. 介護福祉士の仕事内容

介護福祉士の仕事内容


介護福祉士とはどういう資格か

介護の現場において最も知名度が高く、また実務に直結する資格とされているのが「介護福祉士」です。
介護福祉士は、社会福祉士、精神保健福祉士と合わせた日本3大福祉資格とされており、介護や福祉業界においては絶大な知名度となっています。

この3大福祉士資格の中でも介護福祉士は最も早くから存在しており、介護の現場において必要な知識を網羅的に身に着けた人材として業界内で高い地位とされています。

まず介護福祉士資格を取得するルートから説明をすると、全く未経験で業界に入った人の場合、まずは実務経験を3年以上積む必要があります。

その経験年数に実務者研修を受けることにより介護福祉士の筆記試験の受験資格が得られます。
筆記試験に合格をすると実技試験は免除となりますので、免許登録をすることで正式に介護福祉士として仕事をしていくことができるようになります。

最短ルートとしては中学校を卒業したあとに福祉系高校に入学し新カリキュラムを受けることで卒業と当時に筆記試験を受けることができます。

高等学校卒業後から目指す場合には介護福祉士養成課程のある専門学校もしくは福祉系大学、社会福祉士養成課程のある短大などに入学することで卒業時に同じように受験資格が得られます。

資格取得には複数のルートがあり、どういった方法をとるかによって受験資格を得られるための期間や試験の免除制度が異なってきますので、事前に最新の情報を調べておくとよいでしょう。

介護福祉士となることで何ができるか

取得まで長い期間のかかる介護福祉士ですが、これは介護現場において必要となるあらゆる状況に対応できるようにするためです。

介護福祉士となるために求められる技能としては、「要介護者への身辺介助」「社会活動の補助」「相談やアドバイスの受付」という3項目が挙げられます。

介護の現場においては最初の「身辺介助」ばかりが注目をされるところですが、実際の現場においてはただ漠然と介助をしていればよいというわけではありません。

本来介護の目的は最終的に再び自立した生活を送れるようにするということにありますので、介護福祉士としての業務では普段の介助を通し社会活動に参加するためのサポート業務も行っていきます。

さらにこれから介護が必要になる本人や家族に対し、どういったことが考えられるかやその場合どういった支援制度があるかといったことを専門家の立場からアドバイスをしていくことになります。

介護福祉士になるための試験勉強では、介護を必要とする人の体のしくみのほか、介護保険制度の詳細や、カウンセリングを受ける場合のテクニックなどといったところも範囲になってきます。