1. >
  2. >
  3. 訪問介護員(ホームヘルパー)とは

訪問介護員(ホームヘルパー)とは


仕事内容、サービス内容、資格等の説明及び紹介

「訪問介護員(ホームヘルパー)」は、高齢者や障害者など自律した生活を送ることができない人に対して、その住宅を訪問し身体介護や生活援助を行うための仕事です。
独居もしくは高齢の家族のみの世帯や、家族がいても仕事の都合などにより在宅介護を十分に行うことができない世帯に対して、その生活をサポートしていくということが主な任務となります。

訪問介護員としての仕事は大きく「生活援助」と「身体介護」に分類することが可能です。

まず「生活援助」についてですが、こちらは日常生活で必要になる調理や洗濯、掃除といったようなことを言います。
もう一つの「身体介護」はいわゆる介護活動となる食事や入浴、排泄などの介助です。

基本的には体の障害が少ない高齢者に対しては生活援助活動が中心になり、反対に障害の度合いが高く自力で生活をすることが難しい人に対しては身体介護が中心になってきます。
どこまでの介護サービスを提供するかどうかについては、訪問介護事業所に勤務をするサ責およびソケアマネジャーが策定するプランによって決定されます。

現場に出る前には「介護職員初任者研修」を受けるのが基本となっており、慣れてくると一人で一日のうちに複数の家庭を訪問して必要な介護をしていくようになるでしょう。
それ以外にも介護福祉士や実務者研修、訪問介護員養成研修1~2級といった資格を所持している人が訪問介護の現場に出ていることも多くあります。

訪問介護ではまず先に担当職員が家庭訪問をして、そこからどういった人が訪れるのがより好ましいかを判断してスタッフを配置していきます。

訪問介護で行われる定期巡回・随時対応サービス

訪問介護をしていく時には「定期巡回」および「随時対応サービス」という形で行われます。

一般的に訪問介護サービスとして提供されているのは「定期巡回」です。
定期巡回の場合、1日1回を基本に介護を受ける人の必要に応じてそれぞれの家庭を訪問します。

もう一つの「随時対応サービス」は定期巡回とは別に急な体の不調や自宅でケガをしてしまった場合などに対応をすることができるサービスです。
あらかじめ契約をしておくことにより、万が一の事態が起こったときに非常呼び出しをすることで、24時間対応ですぐに職員が駆けつけることになります。

臨時対応サービスでは訪問介護を行う介護士だけでなく、看護師などの医療スタッフも待機しており、緊急時にも安心して利用をすることが可能です。

この「定期巡回」と「随時対応サービス」はセットになっているプランも多く、普段は定期巡回によりに日常生活をケアを受けている高齢者が、緊急時も呼び出しをすることができるようになっています。