1. >
  2. >
  3. 介護福祉士資格の有無別キャリアパスについて徹底解析

介護福祉士資格の有無別キャリアパスについて徹底解析


介護福祉士を取得することを前提としたキャリア

介護士として長く仕事をしていくなら、介護福祉士の国家資格はどこかのタイミングで取得することが勧められます。
介護福祉士は未経験で介護業界に入った人の場合、最低でも3年間は実務経験を積まなければ受験資格が得られないこととなっているので、その間に実務者研修を受けたり筆記試験の勉強をしていくことになります。

実際の介護の現場においても介護福祉士の資格者はかなり有利に取り扱われており、同一の職場でも資格を得ることで資格手当が数万円プラスになったり、現場以外のマネジメント業務を担当することも増えてきます。

最悪もし現在勤務している職場で資格取得を正当に評価してもらえなくとも、転職をするときに「介護福祉士資格者」ということをアピールすればそれだけでかなり有利な待遇を探すことも可能です。

筆記試験のみで合格することができる法律家資格と異なり、実務年数や研修が必須条件となっている介護福祉士は現場の人事評価に直接的な影響を及ぼしますので今後介護業界内のキャリアアップを考えるなら積極的にアピールしていくべきと言えるでしょう。

全く未経験から介護業界に飛び込んだ人として考えた場合、まず最初の3年間は現場の様子を学びつつ介護業界の現場を経験し学んでいきます。

3年目以降からは介護福祉士の資格取得を目指し、合格をしたことでそれぞれの施設で無資格の介護者をまとめるチームリーダーとなります。

介護福祉士資格を取得した上にさらに組織の管理職として業務経験を積んでいくことで、最終的に施設の経営に関連する業務もしくは独立をして独自の会社を運営していく能力を身につけることができます。

全体的な流れとしては、最初は一対一の介護の現場からはじめ、資格取得を前後して自分以外のスタッフとの連携が取れるようにしていくというイメージになります。

経験年数の長さだけではキャリアアップにならないという現状

一般的な製造業などでは、未経験から入った人であっても長年の経験を積むことで部門のリーダーや工場長といった役割に昇進することが可能です。

ですが介護の現場においては、残念ながら日々の業務をひたむきに行っていくことでは昇給や昇進を望むことは厳しいというのが現状となっています。

介護の現場に入っても介護福祉士の資格取得を目指さずずっと介護現場のスタッフとして過ごすことはもちろんできますが、その場合急激に待遇が改善されるということはまずないでしょう。

これは介護の現場におけるキャリアアップには、法律や制度の理解、またチームを俯瞰して見れる統率力が求められるからです。

結婚などにより一時的にキャリアが中断した女性であっても資格の有無によって待遇は大きく変わってきますのでぜひ取得を目指してもらたいです。